IQパズル(いっきゅーぱずる) 見学会
By 株式会社social solutions Follow | Public

IQパズル(いっきゅーぱずる)とは、全国1,300教室の学習塾に導入された育脳プログラム「パズル道場」を
幼児向けに再開発し、実際の保育現場で運用方法を磨いた「幼児算数講座」です。
こちらから見学の申込を行っていただけます。
※2019年1月以降のご予約はHP準備中です。改めてご案内させてください。

開発者の福本は某大手予備校にて東大・京大クラスのトップ講師として活躍し、
同じ授業を受けて、同じように努力している生徒たちの間にも、成績差が生まれる現実を目の当たりにしてきました。
それを「センスだから仕方ない」と片付けず、「センスを伸ばすためにはどうすればよいか?」という課題と向き合った結果、
「IQパズル」の前身となる「パズル道場」を開発することとなりました。

私どもsocial solutionsは、東京・千葉・神奈川・大阪にて直営の認可保育園を50施設以上(2019年度開園含む)運営する
global bridge HOLDINGS(東京証券取引所上場)のグループ会社です。
https://globalbridge-hd.com/company/

「日本の人口問題を解決する」という目標を持って福祉事業に特化した企業活動を行う当グループにおいて、
縁あって「IQパズル」を導入することとなり、直営施設への導入・運営支援を行っています。
その上で、この教育プログラムを全国の幼稚園・こども園・保育園に紹介させていただくこととなりました。

平成30年度に改訂された保育所保育指針では「幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿」が明記されましたが、
そのうちの「思考力の芽生え」「数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚」を育む「遊び」の1つとして、
IQパズルがお力になれると、実際の導入経験を通して確信しております。

労働者人口の減少に伴う女性の社会進出、少子化等の影響により、幼稚園・こども園・保育園を取り巻く環境は、
今も大きく変化していますし、2019年の幼児教育・保育無償化も含め、今後も大きく変わっていくものと思われます。
保護者に選ばれる施設として、「幼児教育」は1つの大きなポイントになると、私どもは考えております。

教育プログラムの導入をご検討いただくにあたり、実際の授業・こどもたちの様子を見ていただくことが一番だと考えています。
まずは是非、見学会にお越しください。